グアブロ

グアムのヨタ話やなんちゃら。コメント欄解放してますが、基本放置なのでご了承下さい。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

グアムが消費量世界一といわれる2つの物 

グアム紹介の記述では、こんなフレーズがよく使われている。

グアムは ○○ と ×× の消費量世界一!」









この一つ目は タバスコ  ですな。






グアムのレストランのテーブルには大抵常備してあるし、タバスコ消費量世界一、とはよく聞く話なのだけど、情報のソースや数字について述べている記述があまりないだよね。











で、ググって見たところ、案外すんなりタバスコを製造販売している Mcilhenny Company社 さんのウェブサイトにありました。


(以下引用)
「ルイジアナ州エイヴァリーアイランドにある工場の4つの生産ラインが稼動していると、2オンス(57ml)瓶が1日に70万本製造される。国別では消費量の1位はアメリカ、2位は日本。グアムは1人あたりの消費量が最も大きく、年間1人あたり2オンス瓶2本を消費する。」


おぅ、これが情報元ですな。





2オンス瓶とはデフォルトともいえる↓この大きさの瓶。

tabasco.jpg

 

「2本」って案外たいした事無いなぁー、って気もするけど、一世帯じゃなくて、
1人なのだから、まずまずの量なんだろうね。






でも調べてみると案外知らない事も多くって、
まず、

タバスコってアメリカで作られたんだぁー!

と、ちょっとビックリ。グアばかはメキシコかイタリアだと思っとりました。





しかもエイヴァリー島の工場の写真を見ると、えー?これがタバスコ工場?みたいな。

tabasco_avery.jpg
スコッチでも醸造してそうな雰囲気じゃないですか?




Mcilhenny Company社さんから発売されてるタバスコは現在7種類のフレーバーがあり
tabasco_flavors.jpg

左からオリジナルレッドソース(一番デフォ系)、グリーンパラペーニョ、チポレ、バッファロー、ハバネロ、
ガーリックパウダー、スウィート&スパイシー。
日本人には馴染みの無い、「チポレ」というのはメキシコ料理によく使うチポレソースのことで、燻製唐辛子を使用することで、独特の香ばしさや旨味を引き出したソースなのだそう。


こんなにあったかなぁ、とペイレススーパー)にてチェックしてみると、

tabasco_payles.jpg

うん、3種類のみあった。
グアムの人にとっては、フレーバー云々は関係無さそうだもんな。案外保守的なんで、食べ物に関しては冒険しないんだよ、みんな。


では、MYタバスコをオフィスのデスクに常備してるグアばかの同僚による
タバスコのお勧め振り入れどころ。「タバスコはココに入れろ!」的な。

その1)スナック菓子(ポテチやら)の袋を開けたら、タバスコを数十回振り入れ、
袋の口を開かないように手で閉じてシェイク → 食べて良し

その2)そうめんのめんつゆにPUT IN → グアムのABCストアでそうめんを買うなら、
一緒にタバスコも買うべし





最後に、もう一つの消費量世界一といわれてる物は、どーも情報ソースがはっきりしないのと、
グアムではなく他の場所(2箇所ほど)が世界一という記述もあり・・・、現在確認中。
ということで、後日。
スポンサーサイト
( 2012/09/28 21:00 ) Category グアム小ネタ | トラックバック(-) | CM(0)

カリフォルニアマートから全く西海岸の香りがしない件 

グアムプレミアムアウトレット敷地内にあるスーパー
「カリフォルニアマート」。


calmart_guam_01.jpg



観光客にとってもアクセスしやすい場所にあるので、
おみやげに「ポップでキッチュなアメリカンなお菓子とかぁ・・・」

なんて入ってくる日本人も多い。



しかし、そんな期待をして入ってきた日本人観光客が




→(; ̄Д ̄).....



となっちゃってるのをよく見かけます。









そのワケは

中に入るとこんな感じ。




まずは 辛ラーメン きた。

どぉーん
calmart_guam_02.jpg







続いて、


calmart_guam_03.jpg

キムチきた。 ぉーん。






さらには

calmart_guam_04.jpg

柴田恭平的だれか。 ぉーん。





ローカルにとっては周知の話なのですが、オーナーが韓国の方なので
韓国系食材や商品が多い。

アメリカン的何かを求めてきた入ってきた人にとっては、なんじゃこりゃぁ

何だけど、




住んでるグアばか達にとってはありがたい点が結構あり、


例えば、えのき・まいたけ・ひらたけ みたいなきのこ類が売っている とか。




こんなの↓
calmart_guam_05.jpg


US版減塩しょう油。日本食スーパーは高いからね。




他にも、薄切り系肉が売っている!




「いや、何言っちゃってんの?」 って思うでしょ?


日本ではスーパーとかでも、牛しゃぶしゃぶ用、すき焼き用。ロース肉。豚小間や豚バラ、とか

薄切り肉が主流ですが、グアムの主流はブロック&ステーキ。



地元資本のペイレスやCost U-Less ではブロックかステーキ肉、ひき肉ばかりで、
日本人が料理や鍋に使うような薄切りは殆ど売っていない。

最近、やっとペイレスで豚の薄切りを(毎回ではない)発見するようになったけど、
基本的に売って無い。

ということで、日本人がよく料理に使うものが売ってるんだ。

インスタントラーメンやお菓子だけじゃなく、コチュジャンやトッポギも
売ってるので、明日の夕食は韓国料理にしようかしら、なんて人はどーぞ。




( 2012/09/26 20:00 ) Category お土産・買い物 | トラックバック(-) | CM(0)

グアムの記念硬貨と2ドル札 

最近ふと話題の中に、25セント硬貨(通称クォーター)の

グアム州バージョンの話しがでたのだけど、



発行された当初、ちょっとした話題となったのね。(グアム内では・・。多分。)




で、何でかっつー話しになったのだけど、ローカルの友人いわく、

グアム州というか、USテリトリーのものは発行数が少ないからちょっと貴重ということらしい。


グアムは日本語では準州と言われてますが、こちらの言葉では「USテリトリー」と表現します。

他には、プエルトリコとかもそう。




で、自分の財布をチェックしたら、


25cent_guam.jpg





おー!!!ありましたよ。2つも。





さらには、


25cent_samoa.jpg




同じくUSテリトリーのひとつ、サモアの硬貨も!







マーク・ハントじゃないんだね。  なんて思ったり。






グアムの硬貨に表記されてる

Guahan Tanó I Man Chamorro

とは Guam, Land of the Chamorros (グアム、チャモロの島)という意味らしい。





いくつもあったもんで、本当に貴重なのか?と思いWIKIを覗いてみたところ

他の50州の記念硬貨が大方5億5千枚程度発行されてるのに対し、

USテリトリーバージョンは8千枚程度。






貴重だったのかも・・・。



なぜ過去形かというと、偶然観光客の方にね、

「突然変なことお聞きしますが、グアムの硬貨お持ちじゃないでしょうか?」

と聞かれて、交換しちゃいました。








グアばか的には「同じ25セントだしー」 ってな感じだったもので。




さらに、同じような話題は続くもので、

またもや見知らぬ人(ローカル)から

「小銭もってる?25セントに両替してくれない?コインランドリー使いたいんだよね。」


と言われて出されたのがこれ。



twodollers.jpg




!?工エエェ(゚〇゚ ;)ェエエ工!?



初めて見たよ、2ドル札。




まぁ、交換してあげたんだけど、ググッたところ、2ドル札はどうも日本で言う2千円札のような扱いらしい。


と言うことで、多分、コインランドリー何かじゃなく

使いにくい2ドル札を何とかしたい!というババ抜き戦法だったのでは、と・・・。



あー、グアばかもね、この熾烈なババ抜きに生き残るべく、早速次の日の朝

有無を言わせぬようコーヒービーナリーというカフェに行ってね、使いました。



店員さん

うげっΣ( ̄□ ̄!)








( 2012/09/04 22:57 ) Category グアム小ネタ | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。