グアブロ

グアムのヨタ話やなんちゃら。コメント欄解放してますが、基本放置なのでご了承下さい。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

パンの賞味期限はグアムのローカルルールが一部採用されてる件 

グアムで売っているパンは大きく分けて2種類。


輸入 OR 地元



↑写真はスーパーのパン売り場。 手前がステイツからやってきたパン。

奥がグアムで作られたパン。








グアムのスーパーで販売されてるパンや、卵は

冷凍状態でステイツからグアムへ入ってくる。

グアム産も少しあるけどね。





seatle_bakery.jpg


このベーグルを見ると、 「Seattle Bagle Bakery」


ワシントン、シアトルから来たんですな。






そしてローカルパン屋さんの方はこっち。




local_bread.jpg



アメリカンベーカーリー、グアムベーカリー等の商品が並びます。


でもこれらのパンの袋には、賞味期限が印字されていない。











こんな時、どこを見るかというと、


ココ










color_tag.jpg



袋を閉じてるプラスティックチップの色に注目。






こんな風にね↓カラーコードが決まっていて


colorcord.jpg


何曜日に作られたパンなのかが分かる。

昔はアメリカンベーカリーもグアムベーカリーもカラーコードだったんだけど、

最近は、アメリカンベーカリーはカラーコードは廃止したらしく、

プラスティックチップに、製造日と賞味期限が印字してある。





では、グアムベーカリーやその他でまだ使用されてるカラーコードをおさらい。


guambakery_colorcord.jpg


でも実際のチップはさ、色がすっごく薄いから、

単体で見ると何色なんだか判別しにくい。



水曜(黄色)かと思ったら、先週の土曜(茶色)っすか!って ∑( ̄Д ̄;)

見比べて分かる事も...。(グアばかだけ??)








で、このカラーコードはグアムだけなのかというと

そうでもないらしい。


コチラ↓のサイトにもありますが、
WISE BREAD


アメリカの各地で、こんな風↓に、
color_cord02.jpg

地方・お店ルールがあったりする。






カラーコードの場合、製造日はわかったけど、賞味期限はいつ?って

疑問がわくよね。そこは個人主義の国アメリカ。

「自分で判断しろっ」





さらに、先週のが混じってるんじゃないの? って思う?

クリスチャンの国だからね。

「信じるものは救われる」








新しいのないかな?って棚の奥を探るのはやめようね。

......より古いのがあるから。









だって、....... グアムだから。






...アーメン




スポンサーサイト
( 2013/04/19 22:00 ) Category お土産・買い物 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。